借金取りの対処方法

チンピラが取り立てに来るのか?

チンピラ

テレビドラマを見ていると、チンピラ風の借金取りが大声を上げて「金返せ―」と言いながら玄関のドアを足で蹴っ飛ばしていますよね。

そして、お金を借りた本人は、借金取りが帰るまで部屋の片隅で息を凝らして縮こまっています。

これを見ていると「借金取りって怖いなー」って思ってしまいますよね。 でも、実際に借金取りを見たことがあるって言う人は今はいないのではないでしょうか。

行政に届け出をしている正規の貸金業者の場合は、貸金業法を守ります。

貸金業法の中には、借金の取り立てに関する規制項目が書かれており、恫喝をして脅したり、夜間の取り立て、また日中でも執拗な取り立てなどの借金取り行為を禁止しています。

返済が約定日より大幅に遅延した場合は、借金取りが自宅まで来ることはありますが、大声を張り上げるなんてことはありません。 借金取りといってもチンピラ風の方ではなく、スーツを着た会社員風の方が紳士的に返済の依頼に来ます。

だから、仮に借金取りが自宅に来たとしても近所の人は気づきません。

借金取りへの対応

借金取りは、借入をした貸金業者の社員、あるいは取り立ての委託を受けた会社の会社員です。

そのため、仕事として取り立ての業務を行っています。 だから、借金取りだからと言ってむやみに怖がる必要はありません。

お金の返済ができそうなら、いつまでに支払うという事を借金取りの方に告げましょう。 また、お金の返済が困難な場合は、借金取りの方にそのことを告げましょう。

返済不能となっている場合には、そのままにしておくと事態は悪化するだけですので早急に債務整理をする必要があります。 まずは、早急に借金問題の無料相談所へ相談をして、自分のケースの場合にはどの様に対処をするべきかを聞いてみましょう。

闇金だと怖い借金取りが来る場合も

闇金融と言われる行政に未登録の貸金業者は、法律違反をする可能性があります。

貸金業法の借金取立て規制も守らないことも有り得ます。 もし、闇金融からお金を借りて、その後強引な取り立てにあっている場合は、貸金業法の法律違反かを確認しましょう。

法律違反となっている場合は、強引な取り立ての証拠をICレコーダーなどを使って保全しましょう。 その証拠をもって、警察に相談をすると良いです。

警察は民事不介入と言われますが、法律違反行為は被害届を受理してくれる可能性が高いです。 ですから、闇金融から法律違反の強引な借金取り行為を受けている場合は、警察に被害届を提出するようにしましょう。

借金まみれの解決方法はこちら
借金まみれ関連記事